・ケーブル

・スピーカー

・スタンド/アクセサリ

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/ケーブル

★★





<ページ下部に拡大画像がございます>
アイテムイメージ

音楽の友社 STEREO 2012年11月号【月刊・ステレオ】【2011/10/19発売号】
JAN:
通常価格 (税込) 1,182円  ⇒
特別価格 (税込) 1,182円 (0%OFF)
当店ポイント11P進呈
税込クレジット代引き銀行振込Amazon Pay

音楽の友社 STEREO 2012年11月号【月刊・ステレオ】【2011/10/19発売号】

・特別付録
全国オーディオショップ・ガイドブック
全国リアル店舗のオーディオ店156店の紹介!(全56ページ)

・特集
エントリーモデルを侮るな!~その機能を生かして新しい世界へ
●エントリーモデルを侮るな!(村井裕弥)
●さあ新世代オーディオを始めよう!(村井裕弥)
●ネットワークオーディオって何が変わる?(山之内 正×編集部)
●ネットワークオーディオ機能付エントリーモデル 一気聴き!(林 正儀)
●身軽で気軽で発展的!「パソコンで音楽再生」というスタイル(鈴木裕)
●10万円以下でクォリティアップ PCオーディオ・注目アイテム紹介(鈴木裕)
●PCオーディオのキー・音楽再生ソフトを知る(岩井喬)
●ハイCP!エントリーモデル25機種試聴レポート(村井裕弥)
●おすすめの組合せはこれだ!(村井裕弥)

・特別企画
●エソテリック+タンノイ、いま旬なハイエンドシステム組み合わせの世界に、
 クロックジェネレーターを加えて楽しむ(須藤一郎)
●心地よく演奏できる部屋とオーディオを楽しめる部屋を巡って1
 「アコースティックデザイン社を訪ねて」(奥村愛&山之内正)
●2013年1月号付録ヘッドフォンアンプ付USB-DAC「LXU-OT2」体験試聴会レポート

・Stereo試聴室★話題の新製品を聴く
(石田善之/貝山知弘/神崎一雄/須藤一郎/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥[解説])
[プリ・メインアンプ部門]エソテリック I-05/ラックスマン L-507uX/スペック RSA-V1 DT
[コントロールアンプ部門]プライマー PRE32
[パワーアンプ部門]プライマー A34.2
[スピーカーシステム部門]エラック FS 507 VX-JET

・連載
●「音の見える部屋 オーディオと在る人」(田中伊佐資[今月の人:豊田哲資さん])
●Stereoプレ50周年 AUDIO温故知新シリーズ・開発の奥義8 アキュフェーズ(石田善之)
●いい音、いい場所、いいお店「MEG」
●注目製品ファイル
 ①ゴールドムンドTelos390.5(石田善之)
 ②EAR V12(小林貢)
 ③リン KIKO DSM System(山之内 正)
 ④デノンDCD-1650RE/PMA-2000RE(藤岡 誠)
●アクセサリーファイル プラネットミュージックラインPML-Syuni
●新製品ニュース(遠藤正奥/峰尾昌男)
●Stereo Topics
 BDをもっとオーディオに Blu-ray Disc for High Resolution Audio誕生(林 正儀)
 IFA2012でみたオーディオの今後(山之内正)
 ガラスCDで夢を実現させたボブ・ジェームスにインタビュー(成田 正)
●使い方を知る~オーディオの新常識(福田雅光)
●オーディオQ&A(石田善之/福田雅光/藤岡 誠)
●今月の優秀録音(神崎一雄)
●ステレオ・ディスク・コレクション
 今月の優秀録音(峰尾昌男)
 今月の特選盤(石田善之/貝山知弘/歌崎和彦/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥)
 今月の話題盤 [クラシック](浅里公三)/[ジャズ](岡崎正通)/[ロック/ポピュラー](宇田和弘)/[日本のポピュラー](富澤一誠)
●今月のSACD(岩間哲男)
●私の特選!ミュージックファイル(今月の選者:村井裕弥)
●books/タウンインフォメーション

・編集部だより
本号ではいまホットなジャンルに挑戦します。そのホットなジャンルとは2つあります。一つは、脱パッケージメディア/ネットワーク・ファイル再生の世界です。こちらは専門誌もいくつか存在し、妍を競っています。もう一つは、ヘッドホンブーム後のオーディオ事情です。つまりヘッドホンのユーザーが、次に家庭で楽しむためのソリューションは何かと言うことです。11月号ではここに多面的な企画を投入します。
 さて、PCオーディオやネットワークオーディオといった新しいオーディオが広まってきていますが、いきなり新しい世界に踏み込むのには若干の知識と勇気が必要です。ただし本格オーディオグレード機器から少し目をずらすと、ミニコンポ的なものやエントリークラスのコンポにも同じような機能を持った製品が並んでいます。いきなり高級機を買うのではなく、このようなモデルから新しいオーディオに入っていくという手段を提案してみたいと思います。
 これらの機器は当然価格も安く、もし気にならなかったとしてもあまり痛手にならないばかりでなく、ステップアップしたときにも無駄にならず、新オーディオの機能らしく別室で楽しむことができます。まずは体験、ということで新オーディオのエントリークラスの特集を提案します。
 一方で、CDプレーヤーなどの従来からある機器のエントリークラス(本格コンポサイズの)も人気があるようで、大手のブランドは必ずラインアップしています。デノンの390/755が最近モデルチェンジしましたし、パイオニアも新製品を出してきました。これらの個別の機種から、組合せ(システム)例の紹介も合わせて提案します。ヘッドホン世代にも、オーディオリターナーにもやさしい企画としました。



stereo201211.jpg






★★