・ケーブル

・スピーカー

・スタンド/アクセサリ

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/ケーブル

★★





<ページ下部に拡大画像がございます>
アイテムイメージ

【納期情報:受注生産品】SHELTER Harmony MCカートリッジ シェルター
JAN: 4939325093083
通常価格 (税込) 410,400円  ⇒
特別価格 (税込) 319,200円 (22%OFF)
当店ポイント3192P進呈
税込送料無料クレジット銀行振込Amazon Pay

SHELTER Harmony

MCカートリッジには、ここ30年ほど振動系やボディに色々な素材が使われて来ました。ただ、現在に至っても使用されている素材は、
かなりその種類は少なくなって来ています。発売されて来たカートリッジを幅広く見てみますと、短期間で消えてしまっているものは、
ある部分の素材や特長だけが突出してしまっており、バランスが取れていなかったようです(人のことは言えませんが)。
楽器的な要素が非常に強い音響製品だけに、長く残こる製品とするためには、余程バランスが取れている上に、プラスアルファがなければならないのでしょう。
シェルターでは会社設立時から、ボディは基本的にアルミを使い、振動系のカンチレバーの部分には、初期の製品ではベリリウムとアルミを、
その後はボロンとアルミをそれぞれ組み合わせた設計をして来ました。

今回、カーボンファイバー(CFRP=Carbon Fiber Reinforced Plastics)でも、
特に振動吸収や減衰率特性に優れた高弾性炭素繊維に精度の高い機械加工が可能ということで、
CFRP素材の専門メーカーであるオー・ルージュに、カートリッジのボディの加工製作をお願いしました。
MCのボディとして使用した場合に、高性能な製品が出来ると考えて生まれたのがハーモニーです。
このカーボン素材は、ドライカーボンで、オー・ルージュ独自の積層、成形方法により、通常は24トン繊維なのですが、
ハーモニーでは60トン繊維を使用して、非常に精度の高い加工が施されております。この素材を使ったボディは、
共振周波数が可聴帯域外で内部損失も高いという特性から、色付けが少なく、微小信号の再現性に大変有利と思われます。
その代わり、振動系周りの素材の特徴がストレートに出ますので、ボロンのような新素材ではなく、
古典的なアルミのカンチレバーと普通のOFC線材を用いた振動系を新規設計して、組み合わせることとしました。
新旧の組み合わせは、アルミのカンチレバーを一般的な長さよりは若干短めの設定として、強度と出力電圧を稼ぐとともに反応速度の低下を抑え、
アルミが故の輪郭が大きくなる傾向は、ラインコンタクト針を装着することでウエルバランスとし、同時にトラッカビリテイの向上も図ることが出来ました。
ハーモニーは新旧素材の組み合わせが功を奏して、静寂性に優れ情報量は非常に多く、尚且つ究極のオーソドックスとも言えるナチュラルで、
ジャンルを問わない再生音を得ることに成功しています。

・出力電圧:0.5mV
・針先:1.6x0.3mil ラインコンタクト
・内部インピーダンス:15Ω
・自重:8.5g
・適正針圧:1.4~2.2g
・針交換 283,500円(税込)



harmony.jpg






★★