・ケーブル

・スピーカー

・スタンド/アクセサリ

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/ケーブル

★★





<ページ下部に拡大画像がございます>
アイテムイメージ

SFORZATO DST-01 デジタル・ストリーム・トランスポート スフォルツァート DST01
JAN:
通常価格 (税込) 648,000円  ⇒
特別価格 (税込) 648,000円 (0%OFF)
当店ポイント6480P進呈
税込送料無料クレジット銀行振込Amazon Pay

SFORZATO DST-01

DST-01
DST (Digital Stream Transport)は、PCやNAS(ネットワーク接続ストレージ)に保存された音楽データをネットワークを介して再生。高性能なD/Aコンバータと接続することで、最高の音楽を奏でます。
Windows 7 に対応。Windows 7 がもつ、ホームネットワーク機能を用いて、PCからDSTをコントロール。また、iPod、iPadなどを使って、リモコンのようにコントロールすることも可能です。
DSTは内部に音楽データのストレージ機能は持ちません。LANを通して供給されるデジタル・ストリーム・データをひたすら忠実にD/Aコンバーターに送ります。楽曲データのダウンロード、CDのリッピングはPCで、楽曲データのストレージはPCまたはNASで、再生のコントロールはPCまたはiPod/iPadで、そして音楽再生はDSTで行います。
DSTはオーディオラックに、PCは離れた机、または無線LANでつないだノートPCで、音楽データをストレージするNASは別の部屋にというように、ノイズ源となりうるPCやハードディスクなどの機器とは隔離して設置が可能です。
最新の高音質配信データの再生はもちろんのこと、ノイズ、振動などのもととなる一切の回転メカニズムをもたないDSTは、愛聴盤CDにはかくも豊かな情報が入ってたのかと実感させてくれるでしょう。
標準価格: 630,000円 (消費税込)

■ 徹底したジッター排除
高精度で、かつ超低ジッターのOCXO(恒温槽付水晶発振器)を採用。一般に高精度のクロックを使用したディスクプレーヤーはたくさんありますが、必ずしも高精度=低ジッターではありません。私たちが採用するクロックはジッターが1ps (ピコ秒 = 1兆分の1秒)以下の超低ジッタクリスタル発信器。さらに、クロックの分周、分配にはジッターが100fs (フェムト秒 = ピコ秒のさらに1/1000)以下の特別の専用ICを使用しています。また、デジタル出力のドライバICのクロックは差動信号で伝送。ジッターの排除を徹底しています。
■ 電源
スイッチング電源を避け、あえて効率では劣る、大型トロイダルトランス3個によるアナログ電源を搭載。電源を別筺体とすることで、不要な振動や磁気ノイズの影響を排除。デジタルデータ制御部、クロック発信部、デジタルデータ出力部にそれぞれ別電源を配し、各部の干渉をなくしています。また本体基板上においてもPOL(Point of Load)を徹底。各IC直近にレギュレータを配置することで、一切の干渉を排除しています。
■ 堅牢な筺体
本体はアルミブロックからの削りだしによる堅牢な筺体。これによって各部の振動を徹底排除。堅牢なボディは、強力な電源と相まって、スピード感ある豊かな音楽再生に貢献します。背面のコネクタはすべて堅牢な筺体に固定。ケーブルの振動が内部の回路基板に伝わることを防止しています。
■  お手持ちのD/Aコンバーターと接続
デジタル出力は標準的なRCA(S/PDIF)のほか、XLR端子による出力を2本用意。XLR出力は1つの端子でLR2チャンネル出力するか、2つの端子をL、Rそれぞれ専用に用いるかを選択可能です。組み合わせるD/Aコンバータの入力に合わせて、最適な接続が選択可能です。
■ 拡張性
将来発売予定のDST専用のD/Aコンバータ DSR (Digital Stream Renderer) と接続可能。DSTとは専用のケーブルで接続。DSTはDSRから提供されるマスタークロックに完全同期。DSTの徹底した超低ジッター設計と相まって、完全ジッターフリーの音楽再生を実現します。
■ 外部クロックとの同期
Word Sync入力に対応。外部マスタークロックを入力いただくことで、外部クロックとの同期動作が可能です。入力周波数は44.1kHz, 48kHz, 88.2kHz, 96kHz, 176.4kHz, 192kHzに対応。
Word Sync出力も装備しています。
■ 対応フォーマット
AIFF, WAV, FLAC, Apple Lossless, WMA Losslessをサポート。
サンプリング周波数は44.1kHz, 48kHz, 88.2kHz, 96kHz, 176.4kHz, 192kHzに対応。
それぞれ、16bit, 24bitデータに対応。(WMA Losslessは44.1kHz 16bitのみ)
将来のフォーマットにはソフトウェアアップデートで対応いたします。
■ ソフトウェアアップデート
デジタルデータ制御部は、ARM11による組み込みマイコンとFPGAによって構成されており、LANを通じたソフトウェアアップデートにより、常に最新の機能と性能にアップデート可能です。御購入後も常に進化し続けます。



dst01.jpg

dst012.jpg



この商品の購入状況(最新3件)
購入日時 購入数 地域
2018-11-13 05:53 1 千葉県 2014-02-06 22:53 1 岡山県 2013-12-28 13:24 1 岡山県

★★