・ケーブル

・スピーカー

・スタンド/アクセサリ

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/ケーブル

★★





<ページ下部に拡大画像がございます>
アイテムイメージ

【納期情報:2018年初旬発売】AIR TIGHT ATC-5 オール真空管フォノイコライザー付きプリアンプ エアータイト ATC5
JAN:
通常価格 (税込) 799,200円  ⇒
特別価格 (税込) 719,280円 (10%OFF)
当店ポイント7192P進呈
税込送料無料クレジット銀行振込Amazon Pay

エイ・アンド・エム株式会社 ATC5 2018年初旬発売商品

プリアンプの音、機能、姿をエアータイトが新たに問い直す。
ニュー・プリアンプATC-5の登場です。

このたび、エアータイトブランドにおきまして、永らくご好評頂いているコントロールアンプATC-1とATC-3の薄型サイズを踏襲し、
フォノイコライザー入力を2系統設けた新しいプリアンプを発表する運びとなりました。
高さ90mmの薄型サイズに現在考えうる最高品位のパーツを吟味しサイズを想像させない音質を実現しました。
アナログレコードがミュージックソースとしての復権が著しい近年、そのような状況の中で本格的なフォノイコライザーを搭載したプリアンプが望まれております。
レコード再生の要といえるフォノイコライザーのカーブ、その正確なRIAAカーブを求めて今回フォノイコライザーの回路を2段NF-CR型を採用するに至りました。
NF型に比べて非常に正確なRIAAカーブを得る事が出来るのがこの方式の大きな特徴です。
またレコードの掛け替え時に便利な出力ミューティングスイッチも装備。更には電源投入時もタイマーリレーにより出力段をミュートし、
本機の電源立ち上がり時の過渡電流からパワーアンプを保護する安心設計となっております。

ラインアンプ部は12AT7を使った2段構成のオーソドックスな回路構成を取り、フォノイコライザー部と共に厳重なデカップリング回路を搭載して
極力各部の干渉のないように配慮しました。其れにより音の抜けが良く開放ある音に仕上がっております。
メインシャーシはエアータイト伝統といえる1.6mmの肉厚スティールのモノコック形状です。
このモノコックシャーシを底板含めて丹念にメタリック塗装をして仕上げております。
シャーシに入る増幅部はPCボードを排して純銅の上に手配線で一品、一品、組み上げております。
その純銅製の基盤を保持し真空管ソケット等の機構パーツを取付けるインナーシャーシは音質上の観点から敢えて比較的薄い1.0mmのスティールを使用、
この響きやすい構造のインナーシャーシを高剛性のメインシャーシにスタッドボスを使った釣り構造として強固に取付しました。
プリアンプの音質を大きく左右するボリュームにはアルプス社の黄銅の削り出しケースを使用した金メッキ多接点ワイヤブラシタイプを贅沢に標準搭載しました。
増幅回路をつかさどるCRは世界最高水準の温度特性を有する抵抗や音響用抵抗、音響用高級PPフィルムコンデンサーと最高水準のパーツをこのコンパクトなボディに詰め込み、
サイズを超えるスケール感とクリーンで鮮やかな音楽をお楽しみ頂けるエアータイトニュープリアンプATC-5をご期待ください。

仕様
仕様真空管:フォノイコライザー部 12AX7x3本、ラインアンプ部:12AT7x2本
フォノイコライザー入力RCA/MMx2系統/入力インピーダンス47kΩ(利得40dB)
フォノイコライザーアウトRCAx1 出力インピーダンス(推奨負荷47kΩ以上)
ライン入力RCAx3系統/入力インピーダンス47kΩ(利得18dB)
アウトプットRCAx2系統(推奨負荷47kΩ)
出力電圧20V(負荷100kΩ/1%歪み)歪率ラインアンプ部THD-0.02%(1V/1kHz)
周波数特性:フォノイコライザー部:50z~20kHz(プラスマイナス0.2dB)/20Hz-2.5dB ラインアンプ部:(20Hz~100kHz-1dB)
S/N比:フォノイコライザー部250μV(A-ウェイト-入力ショート時) ラインアンプ部:50μV(A-ウェイト/入力ショート時)
消費電力:50VA
外形寸法:約W400xD360xH90mm
重量:約9kg
※予告なき仕様の変更をする事がございます、悪しからずご了承ください。



atc5.jpg






★★