・ケーブル

・スピーカー

・スタンド/アクセサリ

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/プレーヤー

・アンプ/ケーブル

★★





<ページ下部に拡大画像がございます>
アイテムイメージ

【代引き不可】CEC ASB4560WF (1台) フローティング式スピーカースタンド
JAN: 4992287953574
通常価格 (税込) 70,200円  ⇒
特別価格 (税込) 57,800円 (18%OFF)
当店ポイント578P進呈
税込送料無料クレジット銀行振込Amazon Pay

※こちらの商品は、メーカー直送品となります。
※代金引換や配達日時指定はご利用いただけませんので、予めご了承ください。
※北海道・九州・離島・一部地域では別途送料がかかる場合がございますので、
 その際は、別途ご連絡させて頂きます。

CEC ASB4560WF / ASB3545WF

■アコーステックスピーカーボードの基本的な考え方

振動を制御するために、フローティング構造を採用する。この考えは、音響電気製品では、CECに限らず、一部の海外ハイエンドメーカーも採用してきました。今回ご紹介するスピーカーボード、ASB3545WFとASB4560WFの2モデルに採用されたフローティング構造は、ジークレフ音響(株)開発のWELLFLOAT方式を採用、振り子運動の原理による全くこれまでにはなかった独自のものです(特許出願中)。
音響的な効果のほどは、このスピーカーボードの上にのせて聴く場合と、それを使わない場合の違いですぐにおわかりいただけます。音楽表現に、繊細さが加わるだけでなく、音楽の全体像がより広く開放的になります。ここでは、振動から開放された音響機器が、より開放された音楽を再生することが可能となったと言えます。この違いを数値で表現するすべを今のところ私どもは持ち合わせません。
オーディオ製品は、レコードプレーヤーはその最たるものですが、スピーカーに限らず振動から自由であることが必要です。振動を制御するために、製品自体や、製品を置くボードの質量を増加させる方法は有効ではありますが、限度があります。長く国内のオーディオ業界では、理由はよく分かりませんが、フローティング方式を一顧だにしない傾向がありました。しかし、神戸の大震災以降、新たな工業建築の基礎工事に、さまざまな方法のフローテイング方式が採用されていることは、耐震構造の有効な手段として、フローティング方式が建築業界でも認められてきたといえます。東日本大震災をつい先日経験したいまこそ、耐震構造の見直しを考えるときにあるといえます。ひたすら重量で振動を抑え込むのではなく、フローティングによって振動を開放する方向へ、まさに転換のときではないでしょうか。

■主な特徴と仕様
●振り子動作で振動を吸収するWELLFLOAT採用。
●ボードの傾きを補正する可変バネレート機能。
●質量5kg~90kgのスピーカーに対応。

型式 フローティング式スピーカーボード
ボード(木部)の素材 MDF
ボード(木部)の厚み 上部30mm
下部15mm
耐荷重 5~90kg
寸法 450 x 600 x 58(h)mm / ASB4560WF
350 x 450 x 58(h)mm / ASB3545WF
質量 9.0kg / ASB4560WF
5.5kg / ASB3545WF
色 ブラック
生産国 日本
JANコード 4992287953574 / ASB4560WF
4992287953581 / ASB3545WF
※WELLFLOATは、ジークレフ音響(株)の登録商標です。



asb4560wf.jpg






★★